異業種へ転職をするSEの増加

IT関連業から全くの異業種に転職をする人が多いと言います。
SEの仕事は専門的な知識が必要となってくるので、需要も高いです。
しかし残業も多いため、心身ともに疲れ切ってしまい、体調を崩して退職をしなければいけなくなった、ということも多いのだそうです。

SEから異業種へ転職をする場合には、どのような仕事が向いているのでしゅか?
今までのSEのキャリアを気にせず、またそのキャリアを生かすことのない仕事への転職を考えてみるのもよいでしょう。
中にはSEから飲食業界へ転職をしたという人もいるようです。
SEは1日中パソコンと向き合っていなければいけないので、続けることが困難という場合もあります。
飲食業であれば、コミュニケーション能力も必要となることがありますし、体を動かす仕事でもあるので、やりがいを感じることが出来るのだそうです。
実際に人を対面をする仕事だからこそ、やりがいを感じることができる、ということがあるそうです。

情報業界は実際に3年以内に転職をする人が多いと言われている業界です。
それだけ仕事が厳しいということもあるのですが、収入面でもあまり期待することが出来なくなってしまった、という部分もあるようです。
残業をしてもそれがサービス残業になってしまうことも多く、精神的にも肉体的にも追い込まれるような状況に陥ってしまいます。

SEとして就業をした企業が実はブラック企業だったということも少なくはないようです。
今はIT関連業も福利厚生が整えられ、社員がリフレッシュをすることが出来るように工夫をしているところが多いのですが、すべてがそのような設備投資をしているわけではありません。
納期に厳しく、劣悪な環境の中で仕事をしなければいけないということもあるそうです。

ですから、異業種への転職を考える人が増加をしているのです。
もちろん、全てのSEがそのような劣悪な環境で仕事をしているわけではありませんし、全てがブラック企業というわけではありません。
急いで転職をしたところ、転職先も更にブラック企業だったという人もいるようです。
SEに限らず、転職は思い立った時からスタートさせたほうが良いです。
その時にすぐに情報を収集し、特に資格を取得しておかなければいけない仕事の場合には、資格取得のための勉強も開始しなければいけません。

もしもSEの仕事をしながら資格取得の勉強をすることが出来るのであれば、収入面の不安も取り払うことが出来るでしょう。