ウェブデザイナーの給与事情

ウェブデザイナーの給与事情

ウェブ制作会社は、フリーランス合せ中小の製作会社が多く、また単価が下がる傾向にある為、高い給与を貰える人は多くありません。
年収は平均して300~400万円が平均ですが、ディレクター・プロデューサーになるともう少し高い金額を貰えるようです。

コーダーの給与がもっとも安い

単純にHTML・CSSが書ける程度であれば、年収250万円程度と言われています。
これに加え、デザイナーであればPhotoshop・Illustratorといったツールを使う必要もあり、必要に応じてSEOの知識やWordPressやEC-CUBEといったCMSの知識も必要になります。

今求められているのは、マルチスキルのウェブデザイナー

また、ディレクション・プロデューサーといった上位の職種への転身であったり、JavaScriptやSmartyテンプレート・WordPressテーマ作成といった技術的な方面で、マルチスキルな人材が求められています。
これにより、より責任は増えますが、比例して年収もアップしていきます。

フリーランスになるとどうなるの?

ウェブデザイナーとしてフリーランスになった場合、まず時間の自由さが増えます。案件単位の請負契約として受注する為、客先打ち合わせ以外いつ仕事をしても問題ありません。その時間は、往復2時間の通勤時間が無くなるだけでも大きいでしょう。年間に換算すると480時間にもなります。
また、社内の人間関係からも開放され、場合によってはパワハラやセクハラ等からも開放されるでしょう。
その代わり、案件を納品できなければ、収入はありません。また、健康保険も国民健康保険となり、確定申告の為に会計の知識も必要となってきます。総じてセルフマネジメントがしっかししている方にオススメ出来る方法です。

海外のウェブデザイナー給与事情

一方、日本国外のウェブデザイナーの平均収入はどの程度なのでしょうか。もちろん雇用事情など国によって異なりますが、おおよそ以下の通りです。

アメリカ – 約600万円
カナダ – 約430万円
イギリス – 約430万円
ドイツ – 約480万円
オーストラリア – 約460万円

海外のウェブデザイナーは、ウェブデザインスキルに加え、プログラミング・SEO・アクセス解析といったマルチスキルを持つ人材を指します。その為、単純に年収の比較はできませんが、比較的日本のウェブデザイナーの方がスキルが低い事が伺えます。