業務系SEからWEBデザイナーに転職

SEからWEBデザイナーへSEが転職を考える理由は?

SEとして優れたスキルや知識を身につけたくて入社したのに、将来的に希望が持てる仕事を任せてもらえず転職を考えるSEも少なくありません。SEが転職を考える理由として特に多く聞かれたのが以下のようなことでした。

・残業が多く休みも取りにくい
・請負なので、クライアントの要求がコロコロ変わったり、ムリな要求を押し付けられるなどプロジェクトがスケジュール通りに進まない
・ITゼネコン構造に嫌気がさした
・毎日、慣れれば誰にでもできる単調な作業やテストの繰り返しで、将来どこに行っても通用するような優れたスキルが身につかない

SEからの転職を考える人達の中には、「もともと興味のあったWEBのスキルを活かしたWEBデザイナーとして働きたい」や「何か作ることが好きなのでWEBデザイナーの道を進みたい」などの意見も多々聞かれました。実際、WEBデザイナーのようなクリエイティブな業界は、非常に忙しい業務なので、教育に充分な時間を充てられず即戦力が求められる傾向があります。このため転職の場合でも、それなりにスキルがあれば仕事はいくらでもありますし、需要や将来性も充分にあります。正に「自分の好きなこと」を仕事にできるのがWEBデザイナーの大きな魅力です。

そこで今回は、SEからWEBデザイナーへ転職を考えている方必見、WEBデザイナーへの転職するためのお役立ち情報を紹介します。

WEBデザイナーってどんな仕事?SEとの比較は?

SEの仕事内容は、いわゆる「要件定義」から、実際にプログラムを開発して最終的に企業の要件に沿ったシステム納品することがミッションです。どんなアプリケーションや製品を使うのがベストかなど課題を解決するために様々な調整や人材・スケジュール管理、仕事環境の構築など多少の創造性やコミュニケーション能力も必要ですが、自分ではなく他の人でも代用が効く仕事でもあります。

一方WEBデザイナーは、頭脳を使うクリエイティブな職業でWEB系の花形職業とも言われています。主な仕事内容は、WEBサイトのデザインを作成することなので、インターネットコンテンツの作成に関心がある人には是非おすすめしたい職業です。グラフィックソフト(Photoshop・IllustratorなどAdobe系)を使い,Webサイトのデザイン全般やアイコン、ロゴなどの作成の他、HTMLやXHTMLやCSSの修正、打ち込みも仕事の1つです。

WEBデザイナーの仕事内容は引き受ける案件や働く形態によっても違ってきます。例えば、WEB制作会社に所属して、サイト制作のプロジェクトチームの一員として仕事を分業分担されるケースやフリーランスでサイトのデザインのみの依頼を受けるケースなど様々です。

また、以前はWEBサイトのデザインからアップまでの流れを全て1人のデザイナーが担当する傾向がありましたが、最近では「コーディング全般」、「イラスト作成」「Flash作成」、「画像処理」、「記事作成」などそれぞれの専門技術ごとに特化した募集も増えています。

またSEの場合、独立をしたい場合も必ずどこかの会社に所属する必要があります。しかし、WEBデザイナーが活躍できる場は非常に幅広く、顧客が増えたら独立して仕事を受けることもできますし、ランサーズなどのWEBサービスで仕事を受注することもできます。つまり、実力と実績があれば、自分のペースで仕事ができワークスタイルを自由に選べる点もWEBデザイナーの大きなメリットです。

SEからWEBデザイナーへの転職!成功のポイントは?

SEからWEBデザイナーへ転職する場合、SEとして培ってきたスキル、例えばPHPやJavaScriptなどを活かすことができ、さらに自分のやりたいクリエイティブなデザインを手掛けられることは大きな魅力です。もちろんWEBデザインに関しては勉強が必要ですが、パソコンと関連ソフトさえ購入すれば、いつでもWEB制作技術を学ぶことができます。また、WEB制作技術を学べるスクールもたくさんあり、努力次第でかなり高いレベルのスキルを身に着けることも可能です。

そこでSEからWEBデザイナーへの転職成功率を最大限に高めるためにおすすめしたいのが「転職エージェント」の存在です。特に働きながらの転職活動の場合、1人では限界があります。そこで、転職エージェントを利用して、担当のキャリアコンサルタントのサポートを受けることで転職の成功率を高めていきましょう。

転職エージェントも多種多様ですが、WEBデザイナーのようなWEB系への転職であればIT特化型エージェントがおすすめです。

転職希望者と企業の仲介をするエージェントにはたくさんの実績・経験があります。エージェントに登録・相談することで、転職に関して豊富な知識を持ったキャリアコンサルタントが、応募書類から面接の日程調整、履歴書政策、面接の際のアピールポイントアドバイスなど手厚いサポートをしてくれます。

転職エージェントへの登録や相談も無料なので、まずは試してみてはいかがでしょうか?以下におすすめのIT特化型エージェントを紹介します。

・レバテックキャリア
・typeの人材紹介
・マイナビエージェント×IT

IT転職エージェントを比較している記事もあるので、登録前にチェックしておくことをおすすめします。

SEの転職の際にあると有利な資格

どんな職業であっても資格があると転職をする際に有利になると言われています。
人気のあるSEの場合はどうなのでしょうか?
どんな資格があると転職の際に有利になるのでしょうか?

ITやSEに関係する資格は100以上あると言われています。
誰でも取得をすることが出来る簡単な資格をたくさん取得しているよりも、ハイレベルな資格を1つでも取得しておいたほうが、転職の際には有利になります。
資格の数ではなく、質を重視するということです。

またSEの中にも様々な仕事があります。
金融系であったり、医療系であったり、色々あるのでどの分野のSEをやっていきたいのか、ということも考える必要があります。
金融系の企業でSEとして就業をしたいと考えているのであれば、簿記や会計関連の資格を取得しておくとよいです。
IT関連の知識だけではなく、金融のジャンルの資格もあったほうが基本的なことを理解していると判断されるので転職もスムーズに進むことがあります。
専門分野に関する資格の取得まで行っているということは、それだけ理解力もあるということに繋がります。

ただし、資格は取得していれば何でもよいというわけではありません。
その仕事に適したものを選択して取得をしていくことが大事です。
中にはその資格を取得したことが転職にマイナスのイメージを与えてしまうこともあります。
特にSEは資格によってその人のイメージが変わってしまうということもあるので、十分に注意をしたほうがよいでしょう。

SEの仕事に関する資格には国家資格とベンダー資格があります。
特に国家資格に関してはレベルが高いと言われているので、目指してみるとよいかもしれません。
受験の時期も決められているので、その時期を確実にチェックをすることも大事です。
時期を逃してしまうと半年から1年は受験をすることができなくなってしまうこともあり、そうなると転職をする時期も逃してしまうことになります。
資格試験に関してその時期を確認しておくということは、基本的なことです。

ハイレベルな資格の場合には専門学校に通って勉強をしたほうがよい場合もあります。
合格率の低いハイレベルな資格のほうが転職には有利ですが、そのためには十分な準備期間も必要です。

SEとして仕事をする場合、情報処理技術者の資格は最低ラインだと言われているので、取得はしておいたほうがよいでしょう。
これにプラスをして様々な資格にチャレンジをするとよいです。